起業家Yさんの場合

東京でバリスタとしての修行後、出身地の郡山市にUターンし、コーヒー店を経営している。

【移住者の方からの声】

  • 開店した当初はもっと営業時間が長かったのですが、そこを変更したため、打合せや外出などができるようになりました。
  • 朝に、その日の段取りや事務作業をこなしておくことで、お客様と接する時間が増えたと感じています。他の店舗の方などと連携し、地域に貢献していきたいと考えているので、そのような時間が増えたことは良かったと思います。
  • また、当初は弟と2人で経営していましたが、現在はスタッフを雇用しており、実はその方も県外からの移住者なんです。自分たちが営業活動にもより取り組めるよう、人材育成中です。

【移住者の方からの声】

  • 郡山市内には、朝早くからオープンしている老舗のパン屋さんが多いので、朝ご飯をオープンしたてのパン屋さんで買うことが多いです。
  • 最近は花屋さんも増えてきているので、店員さんにお勧めを聞く機会が楽しみになりました。

地域おこし協力隊のIさんの場合

地域おこし協力隊として玉川村に赴任。現在は村内で一人暮らしをしている。

【移住者の方からの声】

  • 通勤時間が短いので朝夕と時間に余裕があります。また、ほぼノー残業なので、ON OFFがしっかりできると思います。
  • 情報発信の為、印刷物の作成や、SNSでの発信等行っています。取材で畑などにいったりもします。
  • 買い物に行くと、誰かしら村の方に会います。また、夜中に仕事仲間とスカイプ、チャットが始まると止まらないですね。仕事、私生活ともに相談できるいい仲間がいると感じます。

【移住者の方からの声】

  • 移住し知り合いも増えて、イベントへの誘いも増え、自分の仕事にも活かせるよう勉強会などへも参加することも増えました。
  • 30分走ればコワーキングスペースのような店もあり、休日も外で仕事がしやすいです。また、周辺の図書館カードはみんな持っていますね。蔵書やイベントで行く図書館を選んでいます。
  • 少し車を走らせれば福島の野菜をたっぷり食べれてゆっくりランチできるところもけっこうあります。あと、福島は本当にラーメン屋が多いと思います。みんなラーメンがだいすきですよね。

自営業Hさんの場合

郡山市出身。学生時代東京に出ていたが、地元に戻り知人のお土産屋さんを承継。
現在、地元の農家の方と連携して、新商品の開発も検討中。趣味は写真とドライブ。

【移住者の方からの声】

  • 現在、地元で子育てを終えた主婦の方に、時々パートで来ていただいているため、午後からお店を空けて、経営のための勉強などに時間が使えるようになりました。
  • 農家の方との打合せは、ほとんど地元の居酒屋で夜に行います。フランクに意見交換ができるの で、話が進んでいく感覚があります。
  • まだ人手が足りていないところがあるので、一緒にお店をやってくれる方も探しています。

【移住者の方からの声】

  • お店の定休日には、良く県内をドライブしています。少し離れた村には、大きな道の駅があるので、季節の野菜などはそこで買っています。旬のものがすぐに手に入るのは嬉しいですよね。あとは、商品開発の参考にもさせていただいています(笑)
  • 隣町に小さな山があるのですが、そこからは郡山市が一望できるんです。夕暮れの風景や夜景が綺麗に見えるので、友人と良く写真を撮りにいっています。