お知らせ

県中全域 移住促進セミナー「ふくしま移住計画~地域おこしのススメ~」を開催します!

東京で働いているけど、いまいち自分のスキルが活かされていない、もっと自分に納得した仕事がしたい…。
そんな現状に満足していない方へ、地方での働き方についてご提案です。

ふくしまのど真ん中にある県中地域は、東京から新幹線で80分とアクセスに優れ、商業都市郡山市を要する産業の中心であることから、「ヒト」「モノ」の交流が活発で、新しい「コト」が生まれやすい地域です。

そんな県中地域では、8つの市町村で「地域おこし協力隊」の募集を行います!
震災による風評の払拭・情報発信、地元産品を活かした商品の開発、今までに無い全く新しい企画の立案・実施など!それぞれの市町村ならではの様々なミッションを掲げられた「地域おこし協力隊」が求められています。
きっと、あなたが探していた、自分のスキルが活かせる“場”が見つかるかも!

当日は、20代で地域おこし協力隊に就任し情報発信に取り組む菅原(すがわら)さんと、協力隊を卒業した後も地域内で定住している荻野(おぎの)さんに隊員になることを決めた決意、地域暮らしの魅力や失敗談など、ありのままを語って頂きます。

トークセッションの後には相談会・交流会を設けておりますので、気になったものがあればその場で詳しい相談ができます。
当日は、地元産のスイーツやお酒を用意してお待ちしております。

 

○日時:2018/6/30(土)18:00~20:30
○会場:ふるさと回帰支援センター (東京交通会館8階)
○参加費:無料
○定員:20名(先着順)
○プログラム
18:00~19:20 地域のPRタイム、ゲストスピーカーのトークセッション

19:20~20:30 相談会&交流会

☆申し込みはコチラから☆

https://peatix.com/event/389031/view

☆セミナーの詳細はFacebookで発信しています☆

https://www.facebook.com/events/184287502225247/

<お問い合わせ>
福島県県中地方振興局 企画商工部 地域づくり・商工労政課
TEL:024-935-1323
Email:kenchu.kikakushoukou@pref.fukushima.lg.jp
※件名に「セミナー参加」、本文にお名前、性別、年齢、連絡先を記載の上、上記メールアドレスまでご送付ください。

~福島県からのメッセージ~
東日本大震災や原発事故などにより福島県は厳しい状況におかれていますが、どうすれば、震災前のように多くの人から
移住希望先として選ばれるのか、県外に出た若者が戻ってきたいと思うのか、模索しています。

そこで、福島県では2017年度から県内に7人の移住コーディネーターを配置するとともに、都内では移住推進員が活動し、
人と人、人と地域の関わりを大切にした移住促進事業を行い、この結果、直近の移住希望先ランキングは8位まで大きく躍進しました。
この勢いを止めることなく、次は県外に住む福島県出身者のUターンを促進するための事業を進めていきたいと考えています。

福島県は新幹線を使えば東京から2時間前後のロケーション。首都圏で働きながら、週末をふくしまで過ごすようなライフスタイルをされている方もいます。

また、県中地域は交通の要所・産業の中心であり、「ヒト」「モノ」の交流が活発で、新しい「コト」が生まれやすい地域です。
こういった地域ならではの強みを活かし、二地域居住、二拠点暮らしに選ばれる県になるよう力を入れていきたいとも考えています。

※ 田舎暮らし体験、体験ツアーの企画や、福島県内での地域おこしに興味がある方、空き家の利活用や地元の若者交流会の企画に興味がある方など、多くの方のご参加をお待ちしています。