浅川町

住んでよかった 私の町 浅川

  • 【八紘園】 池の周りには遊歩道と花壇が整備され、桜の開花時期には、絶好のお花見会スポットとなっている。散歩やジョギング、子供と一緒に遊んだり、お弁当や休憩に楽しめます。
  • 【さんぎょうまつり】 季節の野菜などの販売コーナーや 浅川町と親交がある岩手県野田町の海産物の販売、飲食コーナーが用意されています。
  • 【ロードレース大会】 この大会は、子どもから大人まで男女を問わず誰もが気軽に参加でき、走ることを通じて心身の健康と体力の向上を図ることを目的に開催されています。
  • 【浅川の花火】 毎年8月16日に行われる浅川町花火大会は、今から約300年前の江戸時代中期からはじまったと言われています。大小数千発もの打ち上げ花火、趣向を凝らした仕掛け花火が、浅川の夜空を華麗に彩ります。なかでも圧巻は、城山の頂上から、まるで火山が噴火したかのように扇形の火花が降りそそぐ「地雷火」です。城山の山肌に次々と花火が炸裂する迫力満点の光景を一目見ようと、約3万人の見物客が集まります。
  • 【浅川町】 高台からの風景

浅川町は、東部に連なる雄大な丘陵地と、西部に広がる川沿いののどかな田園風景に囲まれた、緑豊かな町です。

毎年夏になると、三百年以上の伝統を誇る花火大会が行われます。山の頂上から扇形に広がる花火「地雷火」は浅川花火の名物となっています。

概要

面積 37.43㎢
人口 6,692人(2016年06月01日現在)
世帯数 2,173世帯(2016年06月01日現在)
人口密度 178人/㎢

アクセス

JRを利用 東北新幹線 東京-約80分 → 水郡線 郡山-60分 → 磐城浅川
東北新幹線 東京-約80分 → JRバス 新白河-約40分 → 水郡線 磐城棚倉-約7分 → 磐城浅川
常磐線 東京-約60分 → 水郡線 水戸-約130分 → 磐城浅川
車(最寄りのIC) 東北自動車道 川口JCT-約120分 → 国道289号 白河IC約40分 → 浅川町
東北自動車道 三郷JCT-約80分 → 国道118号 那珂IC-約90分 → 浅川町
福島空港を利用 福島空港から車で45分
新千歳空港(新千歳-福島)約80分
大阪国際空港(大阪-福島)約70分

相談窓口

担当課 -
電話番号 -
ファックス番号 -
E-mail -
ウェブサイト -

地図